ECサイトに対する行政の取り組みは?

ECサイトの運営に必要とされているものとは?

ECサイトとは、ネットを通じて行われる商品やサービスを販売するサイトのことです。ネットショップとも呼ばれて、多くの人が利用しています。ECサイトを運営する際には、行政がサイト上に表示することを定めているものがあります。まず利用規約の表示が必要です。ネットで買い物などを行う時に、利用規約に同意してから利用していますよね。利用規約とは、通常取引においての契約書と同じ機能を有しています。商品やサービスを提供する運営者と、買い物をする購入者との間の契約内容が定められているのです。具体的な内容は納期や支払いに関することなどがあり、条件やルールが主なものとなります。また利用規約は、申し込み以前に確認できる場所に表示することが必要です。そして申し込みボタンなどを設置し、利用規約に同意した上での申し込みであることを明示することが求められています。

CEサイトの買い物は通信販売!特定商取引法に基づく表記とは?

CEサイトによるビジネスは、特定商取引法の通信販売に該当します。サイトの運営者には、特定商取引法の中の通信販売に関するルールを厳守することが求められます。特定商取引法は、商品やサービスの売買において弱い立場である消費者(購入者)を守るために、販売者(運営者)の情報や商品の提供などについて明確化することを目的としています。購入者に安心して買い物をしてもらうために、定められた表記が必要なのです。具体的な表記項目として、事業社名・所在地・連絡先、商品などの販売価格・送料など商品代金以外の付帯費用、代金の支払時期や支払方法、商品の引渡し時期・返品の可否と条件などが挙げられます。そして「特定商取引法に基づく表記」というページを設置し、それぞれの項目を表記する必要があります。